上下水道(じょうげすいどう)歴史(れきし)

水道(すいどう)歴史(れきし)

昭和(しょうわ)29(ねん)2(がつ) 

 川西町(かわにしちょう)東谷村(ひがしたにむら)多田村(ただむら)一緒(いっしょ)になって川西市(かわにしし)誕生(たんじょう)したのは昭和(しょうわ)29(ねん)8(がつ)
その半年前(はんとしまえ)、となりの池田市(いけだし)から(みず)(おく)ってもらっていた川西町(かわにしちょう)として、はじめて水道(すいどう)ができました。

当時の新聞1

当時の新聞2

昭和(しょうわ)33(ねん)1(がつ)

松山浄水場

 出在家町付近(でざいけちょうふきん)に「松山浄水場(まつやまじょうすいじょう)」が完成(かんせい)しました。
これで池田市(いけだし)から(みず)(おく)ってもらわなくても、川西市(かわにしし)(みず)(つく)れるようになりました。
 

昭和(しょうわ)42(ねん)4(がつ)

滝山浄水場

 この(ころ)川西市(かわにしし)では団地(だんち)開発(かいはつ)などで(きゅう)に人口が()えてきました。
そこで滝山町(たきやまちょう)付近(ふきん)(あたら)しい「滝山浄水場(たきやまじょうすいじょう)」をつくることになりました。松山浄水場(まつやまじょうすいじょう)(おな)猪名川(いながわ)からの(みず)()(みず)にしていました。

昭和(しょうわ)55(ねん)3(がつ)

久代浄水場

 久代(くしろ)3丁目(ちょうめ)付近(ふきん)久代浄水場(くしろじょうすいじょう)ができました。
猪名川(いながわ)(みず)ではなく井戸(いど)からくみ()げた(みず)をきれいにして、()南部地域(なんぶちいき)(おく)っています。

昭和(しょうわ)57(ねん)10(がつ)

多田浄水場

 兵庫(ひょうご)県営(けんえい)多田(ただ)浄水場(じょうすいじょう)完成(かんせい)しました。
多田(ただ)地区(ちく)などに(みず)をくばるようになりました。

昭和(しょうわ)59(ねん)3(がつ)

一庫ダム

 川西市(かわにしし)北部(ほくぶ)地区(ちく)一庫(ひとくら)ダムができました。
洪水(こうずい)被害(ひがい)(すく)なくし、(あめ)(りょう)()って(みず)(すく)なくなった(とき)農業用(のうぎょうよう)水道用(すいどうよう)(みず)()()目的(もくてき)をもったダムです。

平成(へいせい)元年(がんねん)10(がつ)

滝山浄水場が廃止

 松山(まつやま)滝山(たきやま)浄水場(じょうすいじょう)廃止(はいし)されました。

かわって多田(ただ)浄水場(じょうすいじょう)(みず)市内(しない)にくばるようになりました。

平成(へいせい)7(ねん)1(がつ)

阪神大震災の様子

 阪神(はんしん)大震災(だいしんさい)発生(はっせい)しました。
水道管(すいどうかん)下水(げすい)道管(どうかん)などがこわれて、(やく)7,000の(いえ)(みず)使(つか)えなくなりました。

平成(へいせい)14(ねん)8(がつ)

渇水の様子

 この(とし)(まった)(あめ)()らなかったため、一庫(ひとくら)ダムの(みず)もかなり(すく)なくなる渇水(かっすい)になりました。
たくさんの(ひと)にお(みず)大切(たいせつ)使(つか)うようにお(ねが)いをしました。

下水道(げすいどう)歴史(れきし)

昭和(しょうわ)41(ねん)4(がつ)

原田処理場

 猪名川(いながわ)水質(すいしつ)をまもるため、川西市(かわにしし)豊中市(とよなかし)池田市(いけだし)箕面市(みのおし)伊丹市(いたみし)の5()汚水(おすい)をきれいにする「原田(はらだ)処理場(しょりじょう)」を豊中市(とよなかし)建設(けんせつ)しました。

昭和(しょうわ)43(ねん)12(がつ)

 川西市(かわにしし)公共下(こうきょうげ)水道(すいどう)事業(じぎょう)がスタートしました。

昭和(しょうわ)44(ねん)4(がつ)

 当時(とうじ)川西市(かわにしし)にたくさんあった皮革(ひかく)工場(こうじょう)からの排水(はいすい)処理(しょり)するため「火打(ひうち)皮革(ひかく)汚水(おすい)前処理場(まえしょりじょう)」ができました。

昭和(しょうわ)49(ねん)10(がつ)

 原田(はらだ)処理場(しょりじょう)につなぐ猪名川(いながわ)流域(りゅういき)下水道(げすいどう)に、川西市(かわにしし)(はじ)めて小戸(おおべ)美園(みその)小花(おばな)地域(ちいき)汚水(おすい)(なが)せるようになりました。

昭和(しょうわ)49(ねん)10(がつ)

前川雨水ポンプ場

 川西(かわにし)能勢口駅(のせぐちえき)周辺(しゅうへん)大雨(おおあめ)()った(とき)に、(かわ)より(ひく)場所(ばしょ)にある(いえ)に、雨水(あまみず)浸水(しんすい)しないようにするために「前川雨水(まえかわうすい)ポンプ(じょう)」をつくりました。

昭和(しょうわ)56(ねん)3(がつ)

加茂雨水ポンプ場

 加茂地区(かもちく)のお(うち)などで大雨(おおあめ)()った(とき)に、(かわ)より(ひく)
場所(ばしょ)にある(いえ)に、雨水(あまみず)浸水(しんすい)しないようにするために「加茂(かも)雨水(うすい)ポンプ(じょう)」をつくりました。

平成(へいせい)18(ねん)3(がつ)

火打皮革汚水前処理場

 皮革工場(ひかくこうじょう)がなくなったため「火打(ひうち)皮革(ひかく)汚水(おすい)前処理場(まえしょりじょう)」が休止(きゅうし)になりました。