低温による水道管の凍結に注意を

水道管の冬支度に努めてください

 寒さのため水道水が凍って水が出なくなったり、水道管が破裂したりする場合があります。水道管で特に北側や風当たりの強いところにあるものや、管が露出しているものには、防寒対策が必要です。

水道管の防寒対策

こんなときに凍結します

  • 外気温がマイナス4度以下になるとき
  • お休み前や、旅行などで家を留守にするなど長時間水道を使用しないとき
  • 『真冬日』(一日中外気温が氷点下の日)が続いたとき

具体的な凍結対策は

  • 水道管が露出している場合などは、市販の保温材で管を完全に包むか、不要となった毛布や布で露出部分を巻き、その上からさらにビニ-ルを巻いて毛布や布が濡れないようにしてください。
  • 屋外型給湯器は、各メーカーの凍結予防の取り扱いについて確認しておいてください。

水道水が凍って出なくなったときは・・

  • 日中気温が上昇してくれば、水は出るようになりますが、どうしても水が必要な場合は、じゃ口を開け、水道管にタオルを巻いて、その上からぬるま湯を全体にゆっくりとかけて溶かしてください。
  • 熱湯をかけると水道管が破損する恐れがありますので、注意してください。

水道管が凍結破損したとき・・

  • まずは、水道メーター付近の止水栓(バルブ)を閉め、水を止めてください。前もって、メーターボックスの位置を確認しておきましょう。修理完了までの間は、水道を使用する際のみ止水栓(バルブ)を開けるようにしてください。詳しくは水道技術課(740-1264)へ。
  • 凍結破損による漏水で水道使用量が著しく増加した場合、一定の条件などを満たせば、上下水道料金の漏水減免が適用できる場合があります。詳しくは営業課(740-1262)へ。
お問い合わせ
川西市上下水道局水道技術課

〒666-8501
川西市中央町12番1号(川西市役所3階)
電話:072-740-1111(内線3682)
ファクス:072-740-1314
お問い合わせフォーム